病院でもらえる防風通聖散『ツムラ62番』は保険使えば格安!?


Warning: file_get_contents(https://hyper-otoko.com/wp-content/plugins/ad_code/pr.log): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/zuminet/hyper-otoko.com/public_html/wp-content/plugins/ad_code/index.php on line 90

Warning: file_get_contents(https://hyper-otoko.com/wp-content/plugins/ad_code/pr.log): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/zuminet/hyper-otoko.com/public_html/wp-content/plugins/ad_code/index.php on line 90

Warning: file_get_contents(https://hyper-otoko.com/wp-content/plugins/ad_code/pr.log): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/zuminet/hyper-otoko.com/public_html/wp-content/plugins/ad_code/index.php on line 90

18種類の生薬が配合されており、脂肪燃焼や便秘解消に高い効果に期待できます。

そんな防風通聖散は、医薬品なので病院でも処方してもらえますが、病院で処方してもらうのと自分で購入するのと、どちらがお得と言えるでしょうか。

防風通聖散は、病院でも処方してもらえる

病院で防風通聖散を処方してもらう場合の情報をまとめました。

病院で処方してもらう場合の流れ

病院で防風通聖散を処方してもらう場合、以下のような流れになります。

(1)病院で診察を受ける
(2)防風通聖散を処方してもらう
(3)処方せんをもとに薬局で受け取る

このように流れは至って簡単です。

まず、内科などで診察を受け、防風通聖散を処方してもらい、受け取るだけ。

流れを見る限りは苦労はありません。

病院で処方されるのはツムラの62番

病院で処方されるのは、漢方で有名なツムラから出ている62番です。

▲ツムラの防風通聖散、62番。
ツムラの漢方は番号が決まっている。

どの病院でもツムラの漢方が処方されることになるでしょう。

ちなみに、ツムラの62番は、人気の防風通聖散の生漢煎と成分量は同じです。

もちろん保険適用OK

病院で処方してもらう場合の最大のメリットは、保険が適用されることです。

多くのひとが3割負担になるので、経済的な負担が少なくなります。

病院で防風通聖散もらう場合、いくらかかる?

では、病院で防風通聖散をもらおうと思ったら、全部でいくらかかるのでしょうか?

防風通聖散を処方してもらった場合の金額例はこんな感じです。

防風通聖散を病院で処方してもらうのにかかる費用
金額
初診・再診料
~2,000円程度
処方せん料
1,000円程度
薬代
1,000円程度
※2週間分として
病院への交通費
電車代・バス代・タクシー代・ガソリン代など

まず、病院では初診・再診料として最大で2,000円程度かかります。
次に処方せん料として1,000円程度、そして薬代として1,000円程度(2週間分として)、さらに病院までの往復の交通費が必要です。

また、金額換算は難しいですが、病院までの往復の時間や診察時間などの時間も非常に貴重と言えるでしょう。

合計すると、4,000円+交通費+病院に行く手間がかかることになります。

防風通聖散は、病院でもらった方がお得?

防風通聖散自体の金額的には、病院で処方してもらった場合の方が安いと言えるでしょう。

しかし、病院でもらうためには、色々ハードルやリスクがあります。

まず、病院に行くまでの手間。
病院に行って、風邪を引いた人などもいる待合室で長時間待って診察を受けなければいけません。

風邪でもないのに病院に行くと、病気になる可能性もあるでしょう。

そして、診察を受ける際にも『痩せたいので防風通聖散ください』と言っても拒否されます。

医者によっては漢方薬を使わなかったり、別の薬を処方されたり、病気でない場合(肥満症と診断されない場合)には、都合良くツムラの62番を処方してくれないのです。

さらに運良く処方されたとしても、最初はたくさん量をくれない場合も多く、様子見で2週間分だけしかくれない場合も少なくありません。

そうなるともう一度もらいに行って、再診料+処方せん料+αのお金がかかってしまいます。

このようにいくつものハードルとリスクがあるため、病院で防風通聖散を処方してもらうのはお得とは言い難いでしょう。

そのため、ダイエット目的で防風通聖散を手に入れたいなら、ネット通販などで購入した方が手間もリスクも、金額的にもお得に購入できることになります。

人気No.1の防風通聖散は生漢煎

数ある防風通聖散の中でも、生漢煎(防風通聖散)は特に人気のある防風通聖散です。

病院でもらう防風通聖散よりも薬代としては高いですが、診察代などの金額も含めて考えるとお得に購入できる可能性が高いでしょう。

生漢煎(ショウカンセン)

肥満症に効く生漢煎
生漢煎(防風通聖散)
オススメ度
(4.8/5)
容量
90包(1ヶ月分)
価格
3,900円~
初回特典
定期便購入で初回3,900円
※2回目以降、5,900円+送料無料
返金制度
なし
販売ページ
生漢煎(防風通聖散)公式ページ

生漢煎[防風通聖散]は、配合された18種類の生薬が体の代謝をアップ、余計な脂肪を燃焼し排出してくれる漢方薬です。

医薬品のため高い効果に期待することができ、老若男女問わず高い人気があります。

生漢煎[防風通聖散]で最初に実感しやすい効果は、便秘の解消です。
早い人なら最初の1包目から効果を実感でき、便秘が解消し、腸内環境が改善すると体全体の調子が良くなる可能性が高まるでしょう。

また、医薬品ということもあり信頼性も高い点も人気の秘訣と言えると思います。

ただし、生漢煎には2つほどの気になる点があります。

1つ目は、1日3回飲まなくてはいけない点です。
朝昼晩と3回飲まなければいけないのは、慣れるまで少しめんどくさいかもしれません。

2つ目は、別記事「【重要】生漢煎(防風通聖散)の副作用ってあるの?こんな人は要注意かも…!」でもご紹介しているように、生漢煎は医薬品で効果が強力な分、副作用のリスクがある点です。

生漢煎の便秘解消効果が強すぎた場合、お腹が弱い人の場合は下痢になったりする可能性があります。

そのため、体調次第では飲む量を調整したり、控えたりする必要があるでしょう。

【生漢煎の良い点・メリット】
肥満症に効く医薬品で、高い効果に期待できる
・利用しているユーザーの評判も高い
医師の92%がオススメしている
【生漢煎の気になる点・デメリット】
・1日3回飲む必要がある
・体質や体調によってはお腹がゆるくなる可能性がある

生漢煎[防風通聖散]は、定期コース契約で初回限定50%OFFの3,900円で注文できるので、安く購入するなら定期コースを利用するのがオススメです。
※定期コースは気に入らなければ即解約OKです。


【生漢煎(防風通聖散)公式ページ】
肥満症に効く生漢煎

ダイエットサプリ・ダイエット漢方は、個人の体質や体調などによって得られる効果が違います。また、思わぬ副作用等が出る場合もあるため、使用上の注意をよく読み、用法・用量を守って正しく使用することが大切です。使用に際して不安を感じる場合は、医師、または薬剤師に相談することをオススメします。

生漢煎(防風通聖散)は高い効果に期待できることで非常に人気のあるダイエット漢方ですが、生漢煎以外のダイエットサプリもチェックしたい方は、下記の記事もご覧ください。

各社から発売されているダイエット漢方の防風通聖散を比較しました。防風通聖散は高いダイエット効果に期待でき、年齢性別問わず非常に人気があります。生漢煎(防風通聖散)やナイシトールZ、漢生爽楽 防風通聖散など人気のダイエット漢方の処方量や価格、飲みやすさなどを総合的に比較しました。
アメリカ製の人気ダイエットサプリ、メガマックスマッスルについて解説しました。メガマックスマッスルのメリット・デメリット(副作用)や、期待できる効果などをまとめてあります。日本製のダイエットサプリでは痩せない、効果がなかった人でもメガマックスマッスルなら満足できるかもしれません。
最強の効果が期待できる男性向けダイエットサプリ情報をランキング形式でまとめました。ダイエット・筋トレの効果を最大限に発揮でき、脂肪も燃焼できる男性向けのダイエットサプリは一体どれを選べば良いのでしょうか。