ブログなどで話題の『漢方ダイエット』はガセ!?ホントに痩せるの?


Warning: file_get_contents(https://hyper-otoko.com/wp-content/plugins/ad_code/pr.log): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/zuminet/hyper-otoko.com/public_html/wp-content/plugins/ad_code/index.php on line 90

Warning: file_get_contents(https://hyper-otoko.com/wp-content/plugins/ad_code/pr.log): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/zuminet/hyper-otoko.com/public_html/wp-content/plugins/ad_code/index.php on line 90

Warning: file_get_contents(https://hyper-otoko.com/wp-content/plugins/ad_code/pr.log): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/zuminet/hyper-otoko.com/public_html/wp-content/plugins/ad_code/index.php on line 90

よくダイエットブログなどで取り上げられている漢方ダイエット。

漢方で痩せる・ダイエットできるというと「ホントかなぁ…?」とちょっと疑いたくなってしまいますが、実際のところはどうなのでしょうか。

ある種の胡散臭さもある漢方ダイエット、ホントに効果があるのでしょうか?

そもそも、漢方ってなに?

漢方や漢方薬と言うと中国ウン千年の歴史から誕生した医学で、漢字オンリーで書かれた伝統的な医学書や、健康に良さそうな植物の葉っぱや根っこを乾燥させてすり潰して粉にするみたいなイメージを持っている方もいるかもしれません。

また、あまり効かなさそうな印象を持っている方も少なくないでしょう。

では、そもそも漢方とは何なのでしょうか?

漢方薬は、漢方医学の理論に基づいた医薬品

漢方とは、漢方医学の理論に基づいて処方された医薬品のことを指します。

漢方医学は、5世紀~6世紀頃に朝鮮半島経由で日本に伝わった中国医学を基に日本で独自に発達した医学です。

日本は、長い歴史の中で鎖国などがあったため、漢方医学が独自発展しました。

そういった日本独自の路線で発展した漢方医学に基づいて処方されるのが漢方薬になります。
(※補足すると、中国・韓国にも漢方医学があります。また一部日本と同じ漢方薬も存在するので非常に近しいとも言えます、日本の漢方医学や漢方薬は独自発展を遂げているため、中国・韓国の漢方医学とは別物ということになります。)

漢方薬は、生薬を組み合わせて作る

漢方薬は、動植物や石の中でも体に効果があるとされる複数の生薬を組み合わせて作られた医薬品です。

葉っぱや根っこから作られている漢方薬、ホントに効くのか不安になる方もいるかもしれませんが、今日の日本において漢方薬は医薬品として扱われており、古来から存在する漢方薬の薬理効果についても科学的な研究も進められています。

そのため、医師の処方に基づいた漢方薬や、症状・状態に合った漢方薬を飲めばしっかりとした効果に期待ができると言えるでしょう。

また、漢方薬の効き目はおだやかなものもあれば、ある程度の即効性があるもの様々です。

よく「漢方は長く飲まなくては効果がない」というイメージを持っている人も意外と多いのですが、実際のところその点は誤解と言えるかもしれません。

漢方だからダイエットできるワケではない

一口に漢方と言っても種類がたくさんあります。

様々な生薬を組み合わせて作られる漢方薬は、何に効くかが異なります。

だから、当たり前ではありますが「漢方薬を飲めば痩せる、ダイエットできる」ということはありません。

しかし、代謝を上げて脂肪を燃焼させる、体に溜まった老廃物を排出するなど、ダイエット効果に期待できる漢方薬が存在しているのも確かです。

そのため、正しい漢方を選べばダイエットに効果のある漢方を選ぶことができるでしょう。

ダイエット効果に期待できる漢方薬選び、3つのポイント

ダイエット効果に期待できる漢方薬を選ぶ際には以下の3つのポイントがあります。

(1)生薬の処方量をチェック

漢方薬は、生薬同士を組み合わせて作られており、レシピがあります。

レシピでは何の生薬をどれくらいの量使えるか決められており、上限いっぱいまで生薬を配合した『満量処方(効き目が一番強い)』、生薬の量を少し減らした『3/4処方』生薬の量を半分にした『1/2処方』の3段階の処方量があります。

処方量は、どれくらいの効果を期待するかによって選ぶのがオススメです。
例えば、しっかり効果を出したい場合は満量処方を選べば良いですし、少し控え目にしたい場合は3/4処方を選択するのが良いでしょう。

(2)買いやすい価格

ダイエット効果のある漢方を選ぶ場合は、購入しやすい価格であることが重要です。

どんなに運動をしている人でも、しっかりダイエットするには最低3ヶ月程度は時間が必要になります。

そのため、3ヶ月間飲み続けられる価格の商品を選ぶ必要があるでしょう。

特に通販で購入する場合は、初回だけ安くて2回目以降は高くなることもあるので、継続して飲んだ場合、いくらかかるのかあらかじめチェックすることをオススメします。

(3)本気でダイエットする心構え

3つ目は、ダイエットに効果のある漢方を選ぶ場合、本気でダイエットする心構えが重要です。

ダイエット効果に期待できる漢方やダイエットサプリの類は、飲めば痩せる魔法の薬ではありません。

それ以外にも運動や食事制限を行わないと意味がないのです。

ダイエット漢方飲んでるから…」と運動もせず、食生活も変えない人の場合は確実にデブが進行していくでしょう。

生漢煎(防風通聖散)は、肥満症に効く漢方薬

肥満症に効く生漢煎
生漢煎(防風通聖散)
オススメ度
(4.8/5)
容量
90包(1ヶ月分)
価格
3,900円~
初回特典
定期便購入で初回3,900円
※2回目以降、5,900円+送料無料
返金制度
なし
販売ページ
生漢煎(防風通聖散)公式ページ

生漢煎(防風通聖散)は肥満症に効く満量処方の漢方薬

生漢煎(防風通聖散)は、肥満症や便秘、むくみに効果を発揮する漢方薬です。

18種類の生薬を満量処方(生薬が漢方のレシピで上限いっぱい配合されている)されており、その高い効果は男女問わず高い人気を誇っています。

また、医薬品として販売されているため、一般的なダイエットサプリよりも高い効果に期待でき、本気でダイエットをしたい、結果を出したい方には非常にオススメの漢方薬です。

価格は3,900円~

生漢煎(防風通聖散)の定価は、1箱90包(約1ヶ月分)で7,800円です。

ちょっと高めの値段設定ですが、定期便購入することで初回50%OFFの3,900円で購入でき、2回目以降の注文も25%OFFの5,900円と割引価格で購入できるため、定期便購入するのがオススメです。

なお、別記事「生漢煎(防風通聖散)の定期コース解約まとめ、解約方法や注意点を解説」でも解説していますが、生漢煎(防風通聖散)の定期便はいつでも解約可能です。

ためしに使ってみて効果が感じられない、体に合わないといった場合には即解約することもOKなので、安心して購入できるでしょう。

効果が強いので、人によっては副作用に注意

生漢煎(防風通聖散)は、医薬品として販売されています。

医薬品、すなわち薬なので、非常に高い効果に期待できるでしょう。

しかし、その反面で下痢やお腹が緩くなるなどの副作用が起きるリスクもあります。
別記事「【重要】生漢煎(防風通聖散)の副作用ってあるの?こんな人は要注意かも…!」や「生漢煎(防風通聖散)に期待できる『3つの効果』と副作用を解説!」でご紹介しているように人によっては副作用が出る可能性があるため、使用上の注意をよく読んで正しく飲むことが大切です。


【生漢煎(防風通聖散)公式ページ】
肥満症に効く生漢煎

ダイエットサプリ・ダイエット漢方は、個人の体質や体調などによって得られる効果が違います。また、思わぬ副作用等が出る場合もあるため、使用上の注意をよく読み、用法・用量を守って正しく使用することが大切です。使用に際して不安を感じる場合は、医師、または薬剤師に相談することをオススメします。
生漢煎(防風通聖散)には副作用があります。医薬品として販売されている生漢煎(防風通聖散)は効果がしっかりしている分、副作用があるのを忘れてはいけません。このページでは、生漢煎(防風通聖散)の服用で起こりうる3つの副作用や使用上の注意について解説しています。
生漢煎(防風通聖散)に期待できる3つの効果と副作用について解説しました。ネット上で「生漢煎(防風通聖散)で痩せた」という声を見かけることがありますが、実際のところ、生漢煎(防風通聖散)にどのような効果が期待できるのでしょうか?また、気になる副作用にはどのようなものがあって、何に気をつける必要があるのでしょうか。