【重要】生漢煎(防風通聖散)の副作用ってあるの?こんな人は要注意かも…!


Warning: file_get_contents(https://hyper-otoko.com/wp-content/plugins/ad_code/pr.log): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/zuminet/hyper-otoko.com/public_html/wp-content/plugins/ad_code/index.php on line 90

Warning: file_get_contents(https://hyper-otoko.com/wp-content/plugins/ad_code/pr.log): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/zuminet/hyper-otoko.com/public_html/wp-content/plugins/ad_code/index.php on line 90

Warning: file_get_contents(https://hyper-otoko.com/wp-content/plugins/ad_code/pr.log): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/zuminet/hyper-otoko.com/public_html/wp-content/plugins/ad_code/index.php on line 90

生漢煎(防風通聖散)は、脂肪燃焼効果のある漢方薬で、医薬品として販売されています。

医薬品と言うことは、サプリよりもしっかりとした効果に期待できるということになりますが、そうなってくると同時に気になるのが副作用です。

実際に生漢煎(防風通聖散)には何かしら副作用はあるのでしょうか。

このページでは、生漢煎(防風通聖散)の副作用についてまとめました。

おさらい:生漢煎(防風通聖散)は脂肪燃焼漢方薬

肥満症に効く生漢煎
生漢煎(防風通聖散)
オススメ度
(4.8/5)
容量
90包(1ヶ月分)
価格
3,900円~
初回特典
定期便購入で初回3,900円
※2回目以降、5,900円+送料無料
返金制度
なし
販売ページ
生漢煎(防風通聖散)公式ページ

生漢煎(防風通聖散)は肥満症や便秘、肩こり、むくみなどに効果を発揮する漢方薬です。

代謝・利尿・便通などの作用によって余分なお腹の脂肪を燃やし、肥満症や便秘、肩こりやむくみに効果を発揮します。

生漢煎(防風通聖散)は、ダイエットサプリではなく医薬品、つまり薬として販売されているため、それだけ高い効果が期待でき、しっかりと結果を出したい人にオススメしたい漢方薬です。


【生漢煎(防風通聖散)公式ページ】
肥満症に効く生漢煎

生漢煎(防風通聖散)に副作用は…ある!

漢方薬に対して、「漢方は効き目がおだやか」や「漢方は副作用は出ない」といったイメージを持っている方は意外と少なくありません。

たしかに漢方の中には長期的に飲み続けて効果を感じられるものも少なくありませんが、実際には漢方でも即効性があったり、副作用が出ることもあるのです。

そして、生漢煎(防風通聖散)にも副作用があるので、注意が必要と言えるでしょう。

ただし、副作用は、必ずしも出るワケではありません。
しかし、体質・体調によっては出やすい場合もあるので、副作用がかなり心配な場合、副作用が出てしまった場合は医師に相談することをオススメします。

生漢煎(防風通聖散)の副作用(1):下痢、お腹が緩くなる

別記事「生漢煎(防風通聖散)の評判・口コミ」の口コミにもあった通り、生漢煎(防風通聖散)の副作用としてまず挙げられるのが下痢やお腹が緩くなることです。

生漢煎(防風通聖散)の作用として便秘の解消があるため、極端にお腹が弱い人や体調が悪い人の場合は、下痢になったりお腹が緩くなる恐れがあります。

生漢煎(防風通聖散)の副作用(2):発熱、だるさ

2つ目が発熱、だるさです。
生漢煎(防風通聖散)には代謝をあげる作用があるため、体質・体調によっては発熱やだるさが出る場合もあるでしょう。

生漢煎(防風通聖散)の副作用(3):発疹、かゆみ

3つ目が発疹、かゆみです。
生漢煎(防風通聖散)を服用して、皮膚のかゆみや赤みを帯びたブツブツ(発疹)などの副作用が出る可能性があります。


「副作用がある」と聞くと不安になる方も多いと思いますが、逆に言うと副作用が出ないようなものだと効果もそれなりという考え方もできます。

また、市販されている商品である以上、ある程度の安全性は確保されているハズなので、『飲めば必ず副作用が出る!』というものではないはずです。

しかし、副作用が少しでも心配な場合や服用後ちょっとでもおかしいな…と感じた場合は医師に相談した方が良いでしょう。

こんな人は要注意!やめた方がいい場合も…

ここまで解説したように、生漢煎(防風通聖散)には上記のような副作用が出る場合があり、服用する際には十分な注意が必要です。

生漢煎(防風通聖散)の公式ページでは、生漢煎(防風通聖散)の使用上の注意文が記載されているので、服用する前に必ずチェックすることをオススメします。

生漢煎(防風通聖散)の使用上の注意

<してはいけないこと>
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないこと
 他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること

<相談すること>
1.次の方はご服用前に医師、薬剤師、または登録販売者にご相談ください。
(1) 医師の治療を受けている人
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人
(3) 体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
(4) 胃腸が弱く下痢しやすい人
(5) 発汗傾向の著しい人
(6) 高齢者
(7) 今までに薬などにより発疹・発赤・かゆみなどを起こしたことがある人
(8) 次の症状がある人、むくみ、排尿困難
(9) 次の診断を受けた人、高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害

2.服用に関しては「用法・用量」を守り、必ず商品記載の説明文書をお読みください。

生漢煎(防風通聖散)の飲み方

生漢煎(防風通聖散)は、1日3回(朝昼夕)の食膳または食間に水、またはお湯にて服用します。

また、15歳以上は服用できないので、子供に与えないよう注意が必要です。

生漢煎(防風通聖散)は、1日3回かつ、食前に服用する必要があるため、最初のうちは少し面倒に感じるかもしれませんが、習慣化してしまえば苦痛に感じることはないため、まずは続けてみることが大切と言えるでしょう。

まとめ:生漢煎(防風通聖散)の副作用

このページでは、生漢煎(防風通聖散)の副作用について解説しました。

話をまとめると、以下のような感じです。

■生漢煎(防風通聖散)の副作用まとめ

  • 生漢煎(防風通聖散)には副作用あり
  • 主にあるのは下痢・お腹が緩くなる症状
  • 心配な場合、症状がある場合は病院へ
  • 服用前に使用上の注意をよく読みましょう

生漢煎(防風通聖散)の副作用は必ず出るワケではありません。
しかし、医薬品として効果がしっかりしている分、使用上の注意をよく読んで正しく使う事が肝心になるため、普通のダイエットサプリとは扱いが違う事を念頭に置いて利用するのが良いでしょう。


【生漢煎(防風通聖散)公式ページ】
肥満症に効く生漢煎

ダイエットサプリ・ダイエット漢方は、個人の体質や体調などによって得られる効果が違います。また、思わぬ副作用等が出る場合もあるため、使用上の注意をよく読み、用法・用量を守って正しく使用することが大切です。使用に際して不安を感じる場合は、医師、または薬剤師に相談することをオススメします。

生漢煎(防風通聖散)以外のダイエットサプリの情報や、ダイエットサプリの選び方などを知りたい方は以下の記事をご覧ください。

最強の効果が期待できる男性向けダイエットサプリ情報をランキング形式でまとめました。ダイエット・筋トレの効果を最大限に発揮でき、脂肪も燃焼できる男性向けのダイエットサプリは一体どれを選べば良いのでしょうか。
男性向けのダイエットサプリの選び方を解説しました。ダイエットサプリには5つの効果が期待できます。5つの効果を知らないと、自分に合わないダメなダイエットサプリを選んでしまい、損をする可能性すらあるので、注意が必要です。また、ダイエットサプリの中には怪しくて危険なサプリもあるので、選ばないようにしなければなりません。